トップ画面へ

【保存版】2019年度 TOEICスコア目安

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは。
英語ブロガーのペンギンです。


TOEICで何点取れば、どれくらいのレベルなのか?わかりやすく解説していきます。

TOEICスコア 

  • 【Aランク】TOEICスコア 860点以上
  • 【Bランク】TOEICスコア 730点以上
  • 【Cランク】TOEICスコア 470点以上
  • 【Dランク】TOEICスコア 220点以上
  • 【Eランク】TOEICスコア 215点以下

今回は以上の5つのランクについて解説していきます。

この記事は私の感覚ではなく、TOEICを主催している国際コミュニケーション協会の見解に沿って記事を書いているので信頼性は高いと思います。

ざっくり解説すると

  • Aランク:英語で十分なコミュニケーションがとれる
  • Bランク:適切なコミュニケーションがとれる
  • Cランク:限定された範囲内では業務上のコミュニケーションがとれる
  • Dランク:通常会話で最低限のコミュニケーションがとれる
  • Eランク:コミュニティーができるまでに至っていない

それぞれのランクと能力は上記のような感じです。


これはTOEICを主催している国際コミュニケーション協会によってABCDEのランク分けがされています。ランクの幅も一定ではなくTOEICスコアのランク内でピンからキリまで存在します。

【Aランク】TOEICスコア 860点以上

TOEICで860点以上の点数が取れた人はAランクです。

TOEICを受けた人の中で上位10%程度に入ります。

中には900点以上取っている人もいますが、Aランクに入れたあなたは日本人として英語で十分なコミュニケーションができる能力があります。

【Bランク】TOEICスコア 730点以上

TOEICで730点以上の点数が取れたあなたはBランクです。

TOEICを受けた人の中で上位24%程度に入ります。

Bランクは最低限のビジネス英語の習得レベル

会議の書類や文書などを読んで理解でき、仕事にまつわる日常的な業務で支障なく会話できるレベルです。

履歴書に書ける最低の点数は600点が目安です。TOEICで730点以上の点数が取れたのであれば問題なく履歴書に書いてください。

【Cランク】TOEICスコア 470点以上

TOEICで470点以上の点数が取れた人はCランクです。

TOEICを受けた人の中で上位43%程度に入ります。

Cランクは一定の英語の学習ができているレベル

英語を実用的に活用していくTOEICスコアの基準が500点と言われています。

Cランクはあと一歩及ばないくらいです。新入社員のTOEICの平均スコアもだいたい500点。TOEICスコアが500前後にきた人は基本的な日常会話や自己紹介ができるレベルです。600点を超ると、海外で生活しても大丈夫なレベルです。

Cランクは470〜730まで幅広いTOEICスコアの人がいます。個人的には「C+」「C」「C―」の3つに分けて自分の今いる位置を正確に把握して学習していくと良いと思います。

【Dランク】TOEICスコア 220点以上

TOEICで220点以上の人はDランクです。

TOEICを受けた人の中で下から数えた方が早いです。

Dランクは単語や文法があまり身についていない状況

間違えては把握していたり、単語を見てすぐに意味が出てこなかったり、まだ英語を活用するに至っていない状況と言えます。

基礎問題を確実に解けるようにしていくと点数が上がっていくと思います。

TOEICの基本問題が解けるようになると500点に近ずくのでCランクが見えてきます。まずは自分が何が理解できていて、どこがわからないのかを明確にしていきましょう。

【Eランク】TOEICスコア 215点以下

TOEICで215点以下の人はEランクです。

TOEICを受けた人の中で3%程度しかいません。

Eランクは基本的な事がほぼ理解できていない状況

運がいい人だと当てずっぽで220点を超えDランクになります。

ここからDランクに行くには、とにかく勉強時間を増やすことです。本当は効率を考えて勉強することが望ましいですが、Eランクの人はとにかく英語になれることが先決です。

少しずつでいいので英語に慣れていきましょう。積み重ねていく過程で、自分いあった勉強法や効率的なやり方を見つけていくことが良いと思います。

まとめ

TOEICスコアの目安は確認できたでしょうか?

まずは現時点での自分の実力と今後目指すべきスコアを明確にした上で、チャレンジしていくことが重要です。 

もちろん、最終地点として目標としたいのはTOEICスコア900~990点のレベルですが、ぜひ、このTOEICスコアの目安を今後のスコアアップのために活用してください。

勉強していく上で大切なこと

現在の自分の位置と、目標をしているレベルとの差を把握しておく事です。

TOEICで何点とれば、どのレベルなのか?明確に把握しておく事です。

現在のランクに満足せず、今のランクより上がるには何をすればいいのかを考えて行動できるといいですね。

また次の記事でお会いしましょう。