トップ画面へ

【2019最新】5分で確認。TOEICの結果発表日程とwebでスコア確認

この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは。ペンギンです。
今回はTOEICの結果がいつ発表なのか【2019年版】を紹介します。

  • TOEICの結果を早く知りたい
  • なかなか結果が送られてこない
  • 結果発表がいつなのかわからない

この問題をすべて解決します。

TOEICの結果発表スケジュールまとめ

TOEICは年に10回開催されています。それぞれの結果発表日程についてみてみましょう。

試験日オンライン公式認定証
2018年12月9日(日)2018年12月28日(金)2019年1月11日(金)
2019年1月13日(日)2019年2月4日(月)2019年2月12日(火)
2019年3月10日(日)2019年4月1日(月)2019年4月9日(火)
2019年4月14日(日)2019年5月7日(火)2019年5月14日(火)
2019年5月26日(日)2019年6月17日(月)2019年6月25日(火)
2019年6月23日(日)2019年7月16日(火)2019年7月23日(火)
2019年7月28日(日)2019年8月19日(月)2019年8月27日(火)
2019年9月29日(日)2019年10月21日(月)2019年10月29日(火)
2019年10月27日(日)2019年11月18日(月)2019年11月26日(火)
2019年11月24日(日)2019年12月16日(月)2019年12月24日(火)
2019年12月15日(日)2020年1月6日(月)2020年1月14日(火)

こんな感じです。自分が受けたTOEICの受験日とオンライン結果発表の日程を確認しておくといいですね。

オンライン結果発表の方法はこちら

TOEICの結果がわかるのは最短で3週間後

TOEICのスコアの発表で1番早いのは試験から3週間後のオンラインでの発表です。公式からの結果発表は試験から4週間後なので約1週間早く結果が見れます。



オンラインで結果発表を見るには、インターネットで申し込まないといけません。普通に応募した方は公式の結果発表までお待ちください。

インターネットで申し込む場合は、申し込み画面で「テスト結果をインターネット表示する」の部分を「利用する」にするとオンライン結果発表を利用することができます。



TOEICを受けた人全員に公式の認定証が自宅に届きます。これにはTOEICの細かい点数が載っているので、ちゃんと自分の結果を把握したい人は公式発表まで待つことになります。

オンライン結果発表の方法はこちら

結果発表の後に何をするのかが大切

TOEICの結果は「スコア」です。

公式認定証には自分のレベルなどは書かれていません。ですがTOEICの主催側からランク分けの得点表が出されています。自分の今のレベルを把握できます。

そこから自分の改善点を見つけて次の試験に臨むのがベストです。

「合格」「不合格」がないテストだからこそ、自己分析をして成長することが求められます。ただ受けて終わりにするにはもったいないです。今回の結果を次に活かすために学習できるといいですね。

まとめ

今回はTOEICの結果発表日程とwebでスコア確認について解説しました。

TOEICを受けた全員がオンライン結果発表を見れない事は意外と知られていない事実です。次にTOEICを受験する時はオンライン出願することをお勧めします。

今回のポイント

  • TOEICの結果は最短で試験から3週間後
  • ネット出願の人しか最短で見れない
  • 公式認定証は試験から4週間後
  • 細かい点数は公式認定証を待つしかない

こんな感じです。

改善点を見つけてスコアアップできるといいですね。


また次の記事でお会いしましょう。