トップ画面へ

【メンタル】環境で人は変わる 良くも悪くも簡単に

この記事は約 6 分で読めます。

勉強は自分でするものですが、周りの環境からも影響を受けています。自分のいる環境は自分で選ぶこともできます。いい環境に居れば、いい空気が流れてきます。自分で変えていきましょう。

  • 環境で人は変わる 良くも悪くも簡単に
  • 自分で環境を変えていこう

以上の2つを解説します。

環境で人は変わる 良くも悪くも簡単に

  • 環境で人は変わる良くも悪くも簡単に
  • 自分の努力で変えられること
  • 自分の努力では変えられないこと

以上の3つを解説します。

環境で人は変わる良くも悪くも簡単に

環境で人は変わる良くも悪くも簡単にこれは事実です。

自分のいる環境で人は変わっていきます。いや自分は変わらない、という強い精神の持ち主もいるかもしれませんが、極わずかです。なぜ勉強と環境が関係しているのかを解説していきます。

・自分の今いる環境から考えていこう。

  • 家族
  • 学校
  • 会社
  • 趣味
  • サークル
  • 友達
  • 恋人

きっとここの中にあなたの環境はあると思います。これらの環境があなたの勉強や人生に大きく関わってくるのです。「無意識のうちに自分に影響が出る」これを理解していきましょう。

例えば、日本に生まれたら日本語が話せるようになります。アメリカに生まれたら英語を話せるようになります。これは極端ですが自分が望んでいなくても周りの環境により勝手に話せるようになります。自分で学ぼうと思えば日本にいても英語を学べますが、アメリカに住んでいる人に比べると英語の伸びは遅いと思います。

これは例えなので、例外はあるかもしれませんが自分のいる環境は自分に影響を与えているということです。自分にあった環境にいることができれば勝手にいい影響が自分に出始めます。自分で努力をしなくても勝手にいい影響を出せる環境に飛び込んでいきましょう。

自分の努力で変えられること

先ほど例に出した環境を見てみましょう。

  • 家族
  • 学校
  • 会社
  • 趣味
  • サークル
  • 友達
  • 恋人

この中で今から変えられそうなのは、趣味、友達、恋人、サークル、です。変えるのが難しいのは、家、家族、学校、会社、ですね。(この後に書きます)

変えられそうな環境から解説していきます。

  • 趣味
  • 友達
  • 恋人
  • サークル

これらは自分の意思次第で変えていけます。

自分の居場所は無意識のうちに心地よい場所を選んで選択しています。言い換えると自分に似た人を選んで近くにいるということです。

人は自分の居心地のいい場所に居続けたい思います。意識して行動しないと環境を変えることはできないんですね。意識して「自分のプラスになる環境」に移っていくと無意識のうちにいい影響が自分に出始めます

家族以外の人間関係はとても大切です。自分の行動次第で「天と地」くらいの差が出ます。「人生は自分が一緒に過ごしている5人の平均」とも言われています。

ただ何となく一緒にいる。これもいいかもしれません。でも自分で行動範囲を広げていけば「自分にとって本当にプラスになる人」に出会えるかもしれません。忙しかったり、時間がなかったりするかもしれません。時間がある時こそ何もしないのが人間です。何とか時間を作り出して自分の環境を変えていきましょう。

自分の努力で変えられないこと

  • 家族
  • 学校
  • 会社

これは変えるのが難しいです。考えや性格は自分でしか変える事は出来ません。他人の考えに干渉することはできないんです。

家、家族、学校、会社は自分の意思があってもすぐには変えられません。家出をする、転校、転職、などをしないとすぐに変えることはできないです。

これらの4つは、人生での時間の割合が大きいです。ここがマイナスな環境で、自分に悪影響が出る。こんな時は自分で環境を変えていかなければいけません。

完全に環境を変えるのは難しいので、少しでも良い環境にするように心がけること。状況は人それぞれなので、行動するべきことは違いますが。何かを変えなければならないのは確かです。

なるべく外で過ごす。お金がないなら稼ぐ方法を探す。などできることから始めていきましょう。

少し重たい内容ですが、、、
うまくいっている他人を見て羨ましがっていても何も始まりません。人生は平等ではない。変えたいのなら自分で変えていくしかないのです。

今の自分の状況を受け入れて変えていきましょう。

世界には教育を受けられない。食事もない人がたくさんいます。この記事を読めているあなたはきっと家も食事もあるでしょう。あなたが大富豪でなくても、世界の中で上の方に位置しています。今の状況に文句をいっている暇があるのなら、何かを変えるために行動していきましょう。

自分で環境を変えていこう

  • 意外と周りから影響を受けている
  • 環境を変えていくのは自分です

以上の2つを解説します。

意外と周りから影響を受けている

意外と周りから影響を受けています。

冒頭でも言いましたが、自分は無意識でも影響が出ています。自分の周りにいる人との何気ない会話などがだんだんと影響を与えていくのです。

自分よりもできる人が周りにたくさんいると学ぶことばかりです。逆にできない人ばかりだと学ぶことは少ないです。どの友達といても時間は同じように過ぎていきます。

自分よりも人生経験が多かったり、頭の回転の早い人と一緒にいると、意識しなくても自分は勝手に学んでいきます。これと同じように自分の向かいたい方向の少し先にいる人を見つけて、その人に近くにいることで自分が変わっていきます。

「成長できる環境」これはお金もかからないし、必要な条件もありません。全ては自分の行動次第。やる気があっても環境が悪ければ続きません。何かを始めるのならば、環境を作るところから始めていきましょう。

これができるようになると自分の成長が速くなります。自分にとってプラスなことばかりなので行動あるのみ。始めていきましょう。

付き合う友達は選んだほうがいい

「友達は選んだほうが良い」性格が悪いやつだと思われそうですね。

みんな気付いていないだけで実はやっているんです。気の合う友達、気の合わない友達、にたいな感じですね。無意識のうちに付き合う友達を選んでいます。

無意識のうちに選んだ友達は「自分に似た友達」が多いです。これで自分の居やすい場所が完成します。「自分の居やすい場所」と「自分にとっていい環境」は違います。

自分よりもできない人や自分と同じくらいの人、ばかりの環境にいると「学びがない」だけではなく自分に悪影響が出ることもあります。

人は自分の理解を超えることには賛成してくれません。自分が新しい何かを始めようとするときに、批判されます。自分のやる気が削がれます。こういう友達とはあまり一緒にいないほうがいいです。

いい環境にいると無意識のうちに自分が成長していきます。そのうち自分から良い空気、良いオーラが出てきます。人は自分に似た人といることが心地いいと思うので、周りには向上心に溢れた面白い人が集まってきます。

こうなると良い事スパイラルですね。プラスの事しか起こらない。こんな環境を作りだすためにも自分で行動していきましょう。


・まとめ

  • 環境で人は変わる良くも悪くも簡単に 
  • 行動範囲を広げる
  • 付き合う友達は自分で選ぶ
  • 環境は変えられる
  • 良い事スパイラルを作りだす

こんな感じですね。
自分の環境は行動次第で変えていけます。良いオーラをまとって生きていきましょう。