トップ画面へ

「AM:PM」どっちが午前?

この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは。ペンギンです。
今回は、「AM / PM」について解説します。

  • 「AM / PM」はどっちが午前?
  • 「am / pm」の豆知識

大きく分けて以上の2つを解説します

「AM / PM」はどっちが午前?

答えから言うと、

  • AM:午前
  • PM:午後

これが正解です。ふと思い出した時に「あれ、どっちだっけ?」となってしまうことが多いので、覚えるだけでなく違いを理解しておきましょう。

お昼の「12:00」はどっちを使う?

  • AM:24:00〜11:59:午前
  • PM:12:00〜23:59:午後

という区切りになっています。

これをみるとわかりますが、正午「12:00」はPMの始まりになっています。海外に行く人はよく覚えておいたほうがいいですね。

「12:00AM」は午前?午後?

これは多くの人がわからないはず。

外国の友達と待ち合わせ「12:00AM」と言われても雰囲気で午前午後を判断するしかない。この状況をなくしましょう。


24時間でまとめてみると

  • 00:00:12:00 AM / midnight
  • 08:00: 8:00AM
  • 11:59:11:59 AM
  • 12:00:12:00 PM / noon
  • 15:00: 3:00 PM
  • 19:00: 7:00PM
  • 23:59:11:59 PM

こんな感じです。


AMは「12:00AM」で始まって「11:59AM」で終わります。
PMは「12:00PM」で始まって「11:59PM」で終わります。

  • 私は「12:00PM」が正午だけ覚えています。

「am / pm」の豆知識

知っておくを役に立つ豆知識を紹介します。

なんで「AM / PM」を使うのか?

日本は24:00時間表記の時計がありますが、「am / pm」を使っている海外の国では12:00時間表記になっています。

13:00という時間の表し方をしないんです。




なので普段の生活で使っているのが「12時間制」か「24時間制」なのかという違いです。

個人的には「24時間制」の方がわかりやすいのですが、海外では「12時間制」の国があるので「am / pm」を使わないと「午前」「午後」の区別がつけられないといった感じです。

「8時」「20時」「8am」「8pm」圧倒的に24時間表記の方がわかりやすいと感じてしまいます。24時間表記だと「時計見て一発で分かるのにな」。こんなこと言っても元も子もないので、もう言いません。

「AM / PM」の略さない形

  • AM:ante meridian
  • PM:post meridian

と言います。それぞれの略した形が「am / pm」になっています。

「ante meridian」は正午より前であるさま。「post meridian」は正午と真夜中の間。のようになっています。

「am / pm」文章での注意点

「am / pm」を英語で使いたいときに気をつけることがあります。

  • 7:00AM
  • 7:00A.M.
  • AM7:00

この中に間違っている使い方があります。



間違いは「AM7:00」です。

基本的に「AM7:00」のような使い方はしません。

日本で「AM7:00」このような使い方を見ることがありますが、海外では使いません。

「7:00AM」「7:00A.M.」のようにピリオドがなくても、大文字、小文字でも時間の後ろに「am / pm」があれば正しい使い方です。

注意点を書いておくと、

  • 「am / pm」は時間の後ろにかく
  • 文字の大小はどちらでもいい
  • ピリオドはなくてもいい

のような感じです。

まとめ

今回は「AM / PM」について解説しました。

全部覚える必要はないと思うので、日常生活で困らない程度に知っておきましょう。

また次の記事でお会いしましょう。